脳みその内臓

まったりうつと治していきたい記事たちです。

あなたも迷惑な客!?実例付き迷惑な客〜笑える編〜【1】

迷惑客シリーズ①

 

学生の頃から掛け持ち含めて35箇所くらい、バイトや派遣経験がありますので、良くも悪くもちょっと笑える迷惑なお客様を完全事例にて公開。

 

☆本当に迷惑な客〜ネタVer.〜☆

 

真面目Ver.は別に記事にしますので、気になった方は是非そちらも♡

 

1. 『本当にいいんだな?』

場所: ビアガーデン

時間: 週末で派遣のバニーガールさんが来ている日

事案: サラリーマン風の団体様が「おねーちゃんおねーちゃん!」と遠くから手招きする。「ただいま伺います!」と走って行「ご注文は?」と聞くと

「あのバニーちゃん呼んできて!」

おい、おっさん。本当にいいんだな?

あのバニーちゃん、遠目からは細くて綺麗な人だけど、近くで見ると結構な年季の入ったバニーさんだぞ?膝に皺が寄るお歳やぞ?こちとらJDやぞ?

 

2.『あちらのお客様からです。』

場所: カフェ

事案 : 初老だがしっかりしてそうなスーツの男性。ご注文はホットコーヒー。ミルクや砂糖はセルフ。

「あー…間違えてレモン入れちゃったから、コレ、次のお客さんにあげて」

………何故、その発想が出た

捨てるわ普通に

 

3.『私、コーヒー好きだから』

場所:カフェ

事案: おばさまお三人でご来店。みんなで顔を寄せ合ってメニューを見ていた。

「ホワイトモカですって!最近は洒落てるのばかりで分からないわね〜」

「シェイクなんて売ったらもう、コーヒー屋じゃないじゃない。あはは」←シェイクじゃないよ

「私はいつも家でコーヒー淹れてるから。いつもの感じのコーヒーでいいわ。」

「私も紅茶よりコーヒーの方が飲むんだよね」

注文に迷うならいくらでも待つし、説明もするが、ちょいちょい自慢と文句挟んでくる。

それでは、本日のコーヒーでよろしいですか?

「……エスプレッソで。」

「…私も。」

「私もエスプレッソで。」

サイズは…?

三人「Sサイズで。」

エスプレッソSサイズ×3出したら、おばさまたちフリーズ。

「えっ…量少な過ぎない?私ちょっと言ってくる」

「こんなのお人形のカップでしょ?」

「これじゃ一口分もない。おかしいでしょ!」

エスプレッソとはなんぞや、何故こんなに少なくて苦いのか、というご説明を致しましたが、それでも「いくらなんでもこれはひどいでしょ…」「これ、詐欺じゃない?」の一点張り。

おばさま達の好きな、詳しいコーヒーって、缶コーヒーCMの「エメマンエスプレッソ!新登場!新時代の微糖」のことなんだろうなと思いましたマル。

 

分からなかったら「分からないから教えてください」と、店員さんに聞きましょう。

お客に、商品のことをまともに質問されて、ウザがったり嫌な顔をする人は店員失格です。

 

 

 

多分、続きます。